映画『彷徨』上映+トークイベント開催のお知らせ

映画『彷徨』上映+トークイベントを開催します。

日時 2022626()19:0021:00

方法 オンライン

*申込方法については後日お知らせします。

 

無国籍ネットワークでは、セミナーや勉強会を通して無国籍者の存在、無国籍者が抱える問題を広く知ってもらうため情報発信しています。

今回は、日本に暮らす無国籍者に密着した短編ドキュメンタリー映画「彷徨」をお届けします。2019年に行われた無国籍ネットワーク設立10周年記念イベントをきっかけに、無国籍者フローリムさんと出会った映像作家岩崎祐さんの作品です。

本作品は、札幌国際短編映画祭で、ジャパンプレミア・アワードを受賞した話題作です。

上映後は、お二人の対談も行います。無国籍者の生き様や思いを皆さんに知って頂く貴重な機会になると思います。ぜひご参加下さい。

・映画のあらすじ

旧ユーゴスラビア出身のフローリムは、戦争と民族浄化を生き延びた末、20年前に来日し、母国の消滅に伴い無国籍となった。最初の10年近くを刑務所と入管収容所で過ごし、その後の10年を、帰る国もなく、就労許可を得られない仮放免の立場で生きてきた。外国人向けの無料健康診断や恩人たちの元を訪れる彼は、来日20年の節目にこそビザを得られないかと一縷の希みを抱きながら、コロナ禍「前夜」の東京の街を歩く。

・制作クレジット

監督・撮影・編集・製作

岩崎祐

・監督プロフィール

映像作家。東京を拠点にドキュメンタリーなどを監督し、エチオピア人難民申請者の奮闘を記録した「かぞくの証明」(19)がドイツ・ニッポン・コネクション、ヴィジョン・デュ・レール・メディア・ライブラリに選出、東京ドキュメンタリー映画祭短編部門観客賞を受賞、NHKワールドで放映。旧ユーゴ出身で無国籍の仮放免者を追った「彷徨」(21)が札幌国際短編映画祭でジャパン・プレミア・アワードを受賞。監督したビデオダンス「nai-mono-gatari(11)DMJ国際ダンス映画祭など国内外で上映。東京生まれ。メリーランド大学カレッジパーク校英文学科卒。

【お知らせ】絵本出版に向けたクラウドファンディング終了1週間前 

こんにちは。無国籍ネットワークユースです。

私達は、現在、無国籍についてたくさんの人に知ってもらうための絵本「にじいろのペンダント(仮)」を出版するために、クラウドファンディングを行っております。このクラウドファンディングの終了まで後1週間となりました。

無国籍ネットワークユースでは、2020年の早稲田祭で行った企画、またボランティアプレゼンコンテストでの発表を原点とし絵本の出版を目指しています。早稲田祭にて、無国籍をわかりやすく説明するために制作した紙芝居が評価を受け、より多くの人に手に取ってもらいたいという思いから、このプロジェクトが発足することとなりました。現在はさまざまな方々に協力してもらい、SNYメンバーが書いた原案を話し合いながらブラッシュアップしていき、絵本として実際にたくさんの方々に手に取ってもらえるものを作り上げるために励んでいます。

無国籍については日本であまり知られていないこともあり、難しいと感じてしまう方も多いと思います。それを子どもでも楽しめる絵本を通して伝えることで、これまで以上にたくさんの人に無国籍について知ってもらいたいと考えています。絵本の完成後は、無国籍ネットワークユースの活動として、読み聞かせを行い、より多くの方々に国籍やアイデンティティ、そして無国籍の問題について考える機会を与えられることを願っています。

残りの1週間で目標額である70万円を達成するために、下記のリンクより詳細をご覧の上、是非是非ご協力をお願い致します!!また、多くの方々にこの取り組みを知ってもらうために、情報を拡散して頂けますと幸いです。

【絵本出版のためのクラウドファンディング】
実施期間:3月31日まで
実施サイト:goodmorning
サイト URL:https://camp-fire.jp/projects/view/549664

絵本出版に向けたクラウドファンディング開始のお知らせ

この度、無国籍ネットワークユースは、無国籍についてたくさんの人に知ってもらうための絵本「にじいろのペンダント(仮)」を出版するために、クラウドファンディングを実施します。

 

 

 

 

 

 

無国籍ネットワークユースでは、2020年の早稲田祭で行った企画、またボランティアプレゼンコンテストでの発表を原点とし絵本の出版を目指しています。早稲田祭にて、無国籍をわかりやすく説明するために制作した紙芝居が評価を受け、より多くの人に手に取ってもらいたいという思いから、このプロジェクトが発足することとなりました。現在はさまざまな方々に協力してもらい、SNYメンバーが書いた原案を話し合いながらブラッシュアップしていき、絵本として実際にたくさんの方々に手に取ってもらえるものを作り上げるために励んでいます。

無国籍については日本であまり知られていないこともあり、難しいと感じてしまう方も多いと思います。それを、子どもでも楽しめる絵本を通して伝えることで、これまで以上にたくさんの人に無国籍について知ってもらいたいと考えています。絵本の完成後は、無国籍ネットワークユースの活動として、読み聞かせを行い、より多くの方々に国籍やアイデンティティ、そして無国籍の問題について考える機会を与えられることを願っています。

 

 

 

 

 

 

是非、下記のリンクより、詳細をご覧の上、ご協力をお願い致します。

【絵本出版のためのクラウドファンディング】
実施期間:2月15日から3月31日
実施サイト:goodmorning
サイト URL:https://camp-fire.jp/projects/view/549664(2月15日0時より有効)

QRコード:

 

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の無国籍についてのサイトをぜひご覧ください

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の無国籍についてのサイトは以下をご覧ください。

https://www.unhcr.org/jp/stateless

また、無国籍ネットワークと無国籍ネットワークユースが、UNHCRのLearning about Statelessnessのサイトの翻訳に携わらせていただきました。

https://www.unhcr.org/jp/learning-about-statelessness

無国籍関連の記事が朝日新聞様で掲載されました!

無国籍関連の記事が朝日新聞様で掲載されました!

無国籍関連の記事が朝日新聞デジタル様で掲載されました。

当団体の代表も記事に対してコメントをしております。

是非、ご覧ください。

 

詳しくはこちらから

リンク先:朝日新聞デジタル 無国籍の子ども、全容把握はまだ 国「関係機関と連携」(2021年07月21日)

 

【リマインド】6月27日14:00~ Zoomウェビナー「無国籍家族の支援とこれからの課題」

無国籍家族の支援とこれからの課題フライヤー

6月27日14:00〜15:15に行うオンラインセミナーの開催日が近づいて参りました!
まだ参加人数に空きがございます。奮ってご参加くださいませ!

【概要】
開催日時: 6/27(日)14:00〜15:15
開催方法: Zoom (リンクはご記入いただいたメールアドレスにお送りいたします)
参加費: 無料
お申し込み: https://forms.gle/oTPnQkSFWoguSoAH6

コロナ、入管法、社会的な無知や差別…、無国籍の人びとや子供たちは多くの壁に直面しています。それを乗り越えるため、私たちになにができるのか…..?

無国籍ネットワークではこの半年、Ready Forの助成金を受け、各支援団体や無国籍ネットワークユースと連携し、コロナ禍において困窮している無国籍家族や無国籍児のサポートをしてきました。

本セミナーでは、この間に連携した各団体や当事者の皆さんにご登壇いただき、現場の状況をお話してもらいます。

※ 当事者の個人的な情報に関する質疑は控えさせていただきます。
※ このイベントはReady Forの助成により開催します。

【登壇者】
長谷川 留理華(無国籍ネットワーク運営委員、元無国籍者)
長谷川さんのお子さん、無国籍ネットワークユースの担当者
クルド当事者の方、温井 円 (クルドを知る会)
ALex (学生、早稲田大学)通訳: 小林麻里
篠崎玲菜(無国籍ネットワーク運営委員)

皆様のご参加をお待ちしております。

無国籍家族の支援とこれからの課題フライヤー

5月19日 無国籍ネットワークユース活動報告会

5月19日 無国籍ネットワークユース活動報告会

5/19(水)に無国籍ネットワークユースが活動報告会を行います。

Ready For様から助成金を受けられたことにより、ユースの活動の幅がますます広がっています。

精力的に動いているユースの活動内容を皆様にもっと知ってもらうため、報告会を開催いたします。

皆様、奮ってご参加くださいませ。

 

概 要≫

【日時】5/19(水)19:00~20:15予定

【場所】Zoom

【対象】無国籍ネットワークユースの活動にご興味を持っていただけるみなさま

【内容】Ready For のサポートをいただき、その助成金での無国籍ネットワークユースでの取り組みや、これまでのSNYの活動についてを振り返っての報告会を開催します。

【定員】先着100名

【自己負担額】無料

【参加方法・申し込み先】

下記URLより、Google Form にてお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf70fkmJkLBu7_UGkUQz3TgtOl_vfvBmAZicwTZTWdbe6ZayQ/viewform?usp=sf_link

【問い合わせ先】stateless.youth[at]gmail.com

※[at]を@に変更してお送りくださいませ。

【ご参考・リンクなど】Instagram: statelessnetworkyouth

Twitter: @SNY_waseda

【備考・その他】

Zoomアプリのインストール、最新のバージョンへアップロードをお願い致します。

無国籍ネットワークとユースが取材協力した連載記事が掲載されました

無国籍ネットワークとユースが取材協力した連載記事が掲載されました

無国籍ネットワークとユースが取材協力した連載記事が、朝日新聞様で掲載されました。

是非ご覧ください!

 

第一回

病院にも通えず亡くなった母 私と2歳の娘は国籍がない
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP4244DZP2MULFA048.html?oai=ASP4F56DSP4FULFA015&ref=yahoo

 

第二回

病院にも通えず亡くなった母 私と2歳の娘は国籍がない
https://www.asahi.com/sp/articles/ASP4244P0P1KULFA001.html?oai=ASP4F56DSP4FULFA015&ref=yahoo

 

第三回

婚前出産タブーの国から来た留学生 予期せぬ妊娠の末にhttps://www.asahi.com/sp/articles/ASP4544KRP3KULFA035.html?oai=ASP4F56DSP4FULFA015&ref=yahoo

 

第四回

「僕はフィリピン人だったんだ」国籍取得、母を探す職員

https://www.asahi.com/sp/articles/ASP454J2YP38UUPI004.html?oai=ASP4F56DSP4FULFA015&ref=yahoo

 

4/11(日)ウェビナー「入管法改正案・難民等保護法案×無国籍認定制度」及び「コロナ禍における無国籍者の実態」

コロナ禍における無国籍者の実態

4月11日(日)に二つのセミナー「入管法改正案・難民等保護法案×無国籍認定制度」及び「コロナ禍における無国籍者の実態」が開催されます。

①「入管法改正案・難民等保護法案×無国籍認定制度」

入管法改正案・難民等保護法案 X 無国籍認定制度

当セミナーでは、国籍を専門とする国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所の首席法務アソシエイトをお招きし、世界的な潮流をふまえた無国籍認定手続きと保護制度についてのお話を伺い、無国籍認定制度とはどういうものなのか、また、無国籍認定手続きを設置することでどのようなメリットがあるのか考えます。

〜登壇者〜
金児真依さん
(国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所 首席法務アソシエイト)

開催日時: 4/11(日) 13:00〜14:30
開催方法: Zoom (リンクはご記入いただいたメールアドレスにお送りいたします)
参加費: 無料

お申し込みは下記のリンクまたはQRコードからお願いいたします。

※同日(4/11)の 15:00より行われるセミナー「コロナ禍における無国籍者の実態」とは別セミナーになりますので、どちらもご参加される方はそれぞれのセミナーへのお申し込みが必要となります。

お申し込みフォーム:

https://forms.gle/dNzySFXBinnbwoBy9

QR コード

 

② 「コロナ禍における無国籍者の実態」

コロナ禍における無国籍者の実態

無国籍者の方々をお招きし、「無国籍者ゆえのコロナ禍での苦難」や「コロナ禍で思うこと」についてお話を伺います。また、陳天璽教授(早稲田大学国際教養学部)には専門的観点から解説も行っていただきます。未曾有の事態に直面しても、よるべとなる国が存在しない無国籍の人たち。彼らはコロナ禍に何を思うのか。どう暮らしてきたのか。当事者の声を届けます。

〜登壇者〜
・無国籍当事者
・陳 天璽教授
(早稲田大学教授、元無国籍者)

開催日時:4/11(日) 15:00〜16:30
開催方法:Zoom(リンクはご記入いただいたメールアドレスにお送りいたします)
先着100人
参加費:無料

お申し込みは下記のURLまたはQRコードからお願いいたします。

※同日(4/11)の13:00より行われるセミナー「入管法改正案・難民等保護法案×無国籍認定制度」とは別セミナーになりますので、どちらもご参加される方はそれぞれのセミナーへのお申し込みが必要となります。

お申し込みフォーム:

https://forms.gle/oRTaR2UbcAFZmu8a7

QRコード

Translate »